こんちわわ


by miococo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

UFOハウス

近所に、不思議な家がございます。
場所は・・・中野区野方の方でございます。村上春樹の海辺のカフカにでてくる場所です。私の中ではかってに、村上春樹はこの家をみて、野方を舞台にしたに違いない・・と想定されている謎の家でありまふ。

門構えは古いかなりの旧家だと思いマフ。家の敷地も広く、保護樹林指定の木々がうっそうとはえていますが、手入れは行き届いてないです。門も、ちょっと壊れ気味で斜めになってたりしており、家の重厚さには似合わず適当な造り。家本体は、かなり古い瓦の日本家屋です。結構奥行きあります。そして、おもむろに二階が「UFO」です。

写真がちょっとUFOの部分が日光で飛んでしまって、UFOの一部である、人が1人入るくらいの交信台(と私は呼んでいる展望スペースでつ)が確認できるかな・・程度になってしまって申し訳ない。

夜になると、このドーム型に白熱灯のオレンジの明かりがもれて、とても綺麗であります。今まで確認できた住民は、初老の男性のみ。ひょっとしたら1人暮らしなのかもしれません・・・・

私の中では、この交信台でこの老人は、若い頃何かに魅せられしまい、交信し、そして今もなお何かを待ち続けているのです。

そう、そして・・そのとりつかれた何かの為に、彼は30年ほど前、妻子を失います・・
私達と、○○とどちらが大切なの???!! そういった諍いが絶えなかったのが目に浮かびます。そして、様々な物をうしない、今、1人何かを待ち続けて夜空を見続けるのです

(と勝手にそういうことになってる)





しかし、今日もいったのに、誰にも会わなかった・・・
異様な静けさのある家でありまふ。金がありそうなのに、手入れに無頓着・・といった厭世的学者肌な風貌が家の家相にも現れています。裏門は、ぶっこわれてました。金持ちが多く、一戸建ては皆実によく手入れがされている家が並ぶ中で少々異様な感じ。。。。

子供の頃の様に、ピンポンダッシュしてみようかしら・・

いや、やはり大人の女として・・・白昼堂々と、呼び鈴をおして押し込もうかしら。

一歩前進したら、また報告いたします
e0043838_039495.jpg

[PR]
by miococo | 2006-01-09 23:22 | 徒然日記